地盤改良

地盤改良

地盤が弱ければ、その上に建つ建物が
揺れたり傾いたりします。
地震の多い日本ではなおさら。
地盤強化は安心・安全の第一歩です。

効率的に、地盤を改良します。

マルチジェット工法

自由な形状で、低コストで短工期な改良
  1. 多孔管を従来の回転式から、揺動式に変える事により改良形状を自由に設定可能(揺動角度を任意に設定)です。
  2. 専用モニターの採用等により小口径〜大口径(Φ1.5m〜Φ8.0m)の造成が可能です。
  3. 必要な箇所のみを改良できるため低コスト・工期短縮を実現します。
  4. リアルタイム管理装置の採用によりリアルタイムに削孔精度、噴射方向の管理が可能です。

【大口径・自由形状高圧噴射攪拌工法】特許第1946033号等17件

護岸液状化対策工事

WILL工法(浅・中層混合処理工法)

N値30でも均一に改良
  1. バックホウタイプのベースマシン使用により、良質な施工性を確保します。
  2. 撹拌翼とブーメランプレートの2タイプを使い分けることによりN値30を超える締まった層が介在する互層にも対応可能です。
  3. ベースマシンの選定により、改良深さ13mまで対応可能です。

【スラリー揺動撹拌工法】建審証 第1301号