沿革

Histroy
1986年3月フジミビルサービス株式会社を設立(資本金2,000万円)
1986年4月警備業法 警備業者認定第985号東京都公安委員会
1986年5月建設業法による東京都知事登録(特-61)第73564号、建築士法による一級建築士事務所登録第26345号
1989年7月増資(新資本金5,000万円)
1990年6月大阪支店開設
1991年5月建設業法による建設大臣許可(特-3)第14354許可
1992年3月増資(新資本金10,000万円)
1993年4月九州支店開設
1993年6月仙台営業所(現東北支店) 中高層分譲共同住宅管理業登録建設大臣97-140541号
1997年7月建築物環境衛生一般管理業登録 東京都9般第6450号
1998年12月建築物飲料水貯水槽清掃業者登録 東京都1貯第971号
1999年1月フロア事業部を開設
2000年5月ISO9001認証取得(本社建築部門)
2000年11月宅地建物取引業法による東京都知事(1)第79107号許可
2004年12月大阪支店移転
2010年11月本店移転
2011年12月東北支店移転
2014年10月社名変更「株式会社エフビーエス」
2015年7月公益社団法人東京ビルメンテナンス協会入会
公益社団法人全国ビルメンテナンス協会入会
2016年8月東北支店移転
2017年3月三協設備工業株式会社経営権取得
神奈川営業所閉鎖
2017年7月株式会社ミヤマ工業と合併
社名変更「株式会社エフビーエス・ミヤマ」
2018年2月名古屋営業所開設
2018年12月佐藤通信株式会社経営権取得
2019年4月沖縄営業所開設
2020年4月社名変更「株式会社エフビーエス」
2021年5月 ISO9001認証返上

会社概要

Corporate Profile
商号株式会社エフビーエス(FBS CO.,LTD.)
所在地東京都中央区日本橋茅場町3-1-11
代表者上 栗 勝 三
電話03-3639-7600
設立1986年3月
資本金100,000,000円
職員数224名(2021年3月時点)
技術系社員 / 177名 事務系社員 / 47名(基幹職員 平均年齢 48.6才)
事業の目的1. 土木建築工事その他建設工事全般の請負、企画、測量、設計、施工、監理及びコンサルティング
2. 建築物の調査診断、修理、改造、増築等の計画、設計、施工、監理及びコンサルティング
3. 各種のボーリング・地盤改良・注入・山留および土留・基礎杭・漏止水・軟弱地盤及び地辷りの対策・吹付・泥水処理・揚水に関する工事の請負
4. 建物の環境衛生管理業務
5. 建物の設備管理、保全業務
6. 保安警備業務
7. 不動産の売買、賃貸、仲介、管理及び鑑定
8. 地域、都市の各開発事業及び環境整備に関する事業並びにこれに関する企画、設計、施工、監理及びコンサルティング
9. 産業廃棄物の収集、運搬、中間処理及び最終処理に関する業務
10.建設工事用機器、産業廃棄物用水処理機器およびその他資材の製作販売、賃貸及び修理
11.労働者派遣
12.金銭貸付に関する業務
13.道路、鉄道、港湾、空港、河川施設、上下水道、庁舎、廃棄物処理施設、駐車場、その他の公共施設及びこれらに準ずる施設等の企画、設計、施工、監理、保有、譲渡、維持管理及び運営
14.前各号に付帯関連する一切の業務
代表取締役 上栗 勝三 執行役員社長
取締役   志田 一宏 専務執行役員 官民連携事業推進室長兼DX推進室長
取締役   柴山 充弘 専務執行役員 経営管理室長
取締役   浜野 賢治 常務執行役員 管理部長
取締役   樋口 大作 常務執行役員 マーケティング部長
取締役   永重 雅守
常勤監査役 飯塚 茂
監査役   大竹 正己

      瀬川 隆昌 常務執行役員 沖縄営業所長
      森  徹  常務執行役員 東北支店長
      阿部 有児 執行役員   大阪支店長
      白坂 洋祐 執行役員   エンジニアリング部長
      豊村 建治 執行役員   ストックソリューション部長
取引銀行みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行
登録● 建設業法:特定建設業者 国土交通大臣許可(特-29)第14354号
● 建築士法:一級建築士事務所 東京都知事登録 第26345号 / 宮城県知事登録 第14Y10176号 
● 宅地建物取引業法:宅地建物取引業者 東京都知事(5) 第79107号 
● マンション管理業法:マンション管理業者 国土交通大臣(4)第030132号
● ビル管法:建築物飲料水貯水槽清掃業者 東京都知事登録東京都1貯第971号
● ビル管法:建築物環境衛生総合管理業者 東京都知事登録東京都19総第283号
● 警備業法:警備業者 東京都公安委員会認定第3000985号
有資格者技術者技術士……………………………5名
一級建築士………………………28名
一級建築施工管理技士…………70名
一級土木施工管理技士…………37名
一級電気工事施工管理技士……9名
一級管工事施工管理技士………13名
一級建設機械施工管理技士……2名
測量士……………………………5名
グランドアンカー施工士………4名
基礎施工士………………………12名
宅地建物取引士…………………20名
建築物環境衛生管理技術者……25名
建築設備士………………………8名
マンション管理士………………6名
管理業務主任者…………………10名

組織図

社長挨拶

Introduction

あらゆる可能性にチャレンジ

今、日本は100年に一度の大変革期という大きな流れの中で、従来の垣根を越えた競争が激化してきております。2020年春からの新型コロナウィルス感染拡大により、更なる大きな変化ももたらされてきており、「ニューノーマル」なる言葉も生まれました。この変化に対応出来ない会社はやがて社会から退場することとなるのでしょう。

1986年弊社は前田建設工業の子会社として、主に前田建設施工物件の営繕や維持管理の業務を専門的に担う目的で「フジミビルサービス」の名称で創業いたしました。

その後少しずつ業務の拡大を図り、2014年30周年を間もなく迎えるにあたり社名を「エフビーエス」に変更し、改めて企業理念を再考し自分たちの使命と行動を明確にして新たな成長を目指すことにしました。

2017年には、前田建設工業の同じ子会社である土木専門会社ミヤマ工業と合併し、建築事業、土木事業、ビル管理事業の3事業を柱とした総合リニューアル会社「エフビーエス・ミヤマ」に改組いたしました。

そして2020年4月より公共施設包括管理事業にも参入したことにより社名を新生「エフビーエス」に変更し、コーポレートカラーやロゴも刷新し、「解決をあきらめない。きっと答えはある!」を社員の合言葉に、あらゆる可能性にチャレンジしながら、より幅広い事業の展開と社会への貢献を目指しております。

新生エフビーエスのターゲットビジネスは「維持管理業と資産価値向上提案型工事業を併せたビジネスモデル」であり、将来的には前田建設グループの一員として建設とインフラサービス、つまりエンジニアリングとサービスが融合した姿も目指します。その為には、建設技術をさらに磨きながら、AIやIoTの技術を活用し、DXで同業他社との差別化を図ったサービスの効率化を実現することで、働き方改革や社会そのものの変革につなげられるものと信じております。

私たちが一番大事にしているものは「人」であります。「企業は人なり」と申します。「人を活かし、人を大切にし、人を育む文化を根差す」を会社のビジョンとしても掲げております。事業だけではなく「人づくり」にも力をそそぎ、お客様から信頼される誠実な企業であるよう努めて参ります。

また昨今、激甚化する自然災害や新型コロナウィルス感染症の世界的蔓延など、これまでに経験していなかったようなリスクが次々と顕在化してきております。そして企業が果たすべき役割も多様化してきており、時代の変化とともに求められるものも変化していきます。

株式会社エフビーエスは5年後、10年後、50年後を見据え社会や顧客のニーズをしっかりとつかみ、持続可能な社会に貢献すべく、全社員一丸となって邁進していく所存でございます。

なにとぞ益々のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長

上栗 勝三 

ビジョン

Business Vision

資産価値向上提案型へ。

エフビーエスはこれまでビル管理事業・建築事業・土木事業の3事業分野にて構成していた事業区分を、より資産価値を大切にする考え方に転換し「管理業」と「工事業」との2つに分け、同時に一体化します。これによりさらなる資産価値・生産性の向上と、事業内での相乗効果が期待できる万全の体制が整います。「管理業」を主とし、「工事業」を合わせた事業形態により、お客様にとって資産価値向上を高い次元で提案することができ、付加価値創出の安定化と最大化を図ることが可能になります。こうした包括的な新しい管理体制においてこそ、建築・土木で培った総合リニューアル会社としての強みが存分に発揮されます。時代のニーズに対して、柔軟に的確に応えていくこと。エフビーエスは未来づくりの一員として様々な問題を解決していきます。

エフビーエスの事業概要

企業理念

Business Policy

私たちの使命は

安全と快適を阻む、全ての問題を解決する。

「人々の笑顔は、どこから生まれるのだろう」と考えたとき、その根本には「安全」という見えない信頼と、それを土台とした「快適」があってこそ、生まれるものです。
今、世界を見渡せば「安全」、「快適」を脅かすさまざまな問題に直面しています。震災や火災、年々激しさを増す自然災害、建物の老朽化や不法建築がもたらす災害など。
だからこそ、私たちはその問題の全てを解決したいのです。今の技術で不可能であれば、新たな技術を生み出し、必ず解決する。そして、どのようなストレスにも揺るがない「安全」、「快適」を必ず生み出していく。
エフビーエスは現状に満足することなく、「安全と快適を阻む、全ての問題を解決する」ため、飽くなき前進を続ける会社です。

そのために私たちは

解決をあきらめない

私たちは、「安全と快適を阻む、全ての問題を解決する」ため「解決をあきらめない」ことを自らの行動姿勢として定め、実行し続けます。一人に限界があれば、あらゆるボーダーを越えて連携し合い、問題解決をめざしていきます。次の3つの姿勢を大切にし、その先の「きっと答えはある」を信じ、行動することを約束します。

業績・事業構成

Performance

10年間で売上高約2倍

売上高

管理業売上高推移

成長率150%

工事業売上高推移

成長率180%

純資産の推移

成長率240%

役職員数の推移

成長率190%

セグメント別売上高内訳

(5年平均)

管理業が増加傾向である。
工事業は景気の動向により変動がある。

拠点別売上高内訳

(5年平均)

東北支店が増加傾向である。(震災復興関連)
在籍職員構成もほぼ同じ割合である。

建築工事売上高内訳

(5年平均)

新築工事と官庁工事はほぼ毎年同じ比率である。
改修工事の割合が増加傾向である。
(コンバージョン・リノベーション)

管理業売上高内訳

(5年平均)

修繕工事の割合が高い。
ゼネコン系ビル管理会社としての、
管理工事という「ワンストップ型管理業」が特徴である。

規模別工事売上高内訳

(5年累計)

※全体売上高に占める各工事規模の売上高割合

当社の中心的な工事規模は1億円から5億円未満である。

グループ内外売上高内訳

(3年累計)

2017年の合併以降(旧ミヤマ工業の土木工事による)
グループ内取引高が増加しており、約40%に上がってきている。

前田建設グループ紹介

group

建物・土木の施工・管理を担う当社のほかに、前田建設グループには、さまざまな会社があり、建物に関する各種サービスをご提供しています。